「女性の入れ歯相談、もっと早く行きたかった」(60代 女性)|女性向けの入れ歯(義歯)の治療・相談|埼玉県さいたま市浦和よしはら歯科

新型コロナウィルス対策について

女性に支持される4つの理由

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-16-7

お問い合わせ・ご相談

048-885-4180

「女性の入れ歯相談、もっと早く行きたかった」(60代 女性)

No.67「女性の入れ歯相談、もっと早く見つけていれば良かったです」(60代 女性)

ミラクルフィット

よしはら歯科クリニックでは、毎日のように入れ歯に関する相談の方がいらっしゃいます。
中に、「お話だけ聞きたかった、聞いてもらいたかった」という方もおります。それでも、治療に向けて小さな一歩を踏み出したことに大きな意義があるのではないかと思います。一人ひとりの方に真摯に向き合っていますので、どうぞ無料相談をご利用ください。

こちらの方は、上下ともにも残っている歯が少なく、下は総入れ歯、上は小さな部分入れ歯を使用している状態でした。歯が抜けたあとの歯ぐきの土手の部分が小さく、入れ歯が安定していない状態でした。

入れ歯を作る前に、このようなケースですと「噛み合わせ再構築治療」から入ることになります。
そのためには先ずトレーニング用の入れ歯を作成し、噛み合わせの位置を決めたり、入れ歯を入れた口腔内に慣れていただくことが重要になります。

上の部分義歯はミラクルデンチャーを採用。残っている2本の天然歯が比較的良い状態であったため、この歯を生かして、且つこの歯に無理な負荷がかからない設計の部分入れ歯となりました。

ご自身の歯が残っていない場合は、総入れ歯となりますが、安定性を更に高めるためには、少ない数のインプラントを埋入し、これを支えに作成する義歯もあります。
インプラントは優れた治療方法ですので、結果的にインプラントを選択される方もいらっしゃいます。しかし、入れ歯相談サイトからの問い合わせの方が多いといことは、「入れ歯」に関心が高い方だと思いますので、入れ歯を中心とした情報発信をさせて頂きます。
よしはら歯科クリニックとしては、常に複数の選択肢から納得のいく治療が受けられますように心がけています。

残存歯に負担の少ないミラクルデンチャーはこちら>>

治療前

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

治療後

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

左上 123457 右上 123467 ミラクルフィット5

作製したミラクルフィット

ミラクルフィット

入れ歯無料相談

トップへ戻る