「保険の入れ歯に比べ、今の入れ歯は快適です。」(50代 女性)|女性向けの入れ歯(義歯)の治療・相談|埼玉県さいたま市浦和よしはら歯科

新型コロナウィルス対策について

女性に支持される4つの理由

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-16-7

お問い合わせ・ご相談

048-885-4180

「保険の入れ歯に比べ、今の入れ歯は快適です。」(50代 女性)

No.39「保険の入れ歯で諦めていましたが、今の入れ歯でお口の中が安定しました。」(50代 女性)

患者様アンケート(抜粋)

アンケート

“以前、保険適用の入れ歯を使用した時は、噛合せが悪く、医師からは、慣れるまでなじむまで使うしか無いと言われ、あきらめて入れ歯を使う事をやめていました。
歯科に対して強い恐怖心があったけれど、再度入れ歯を使用しようと、新たな病院で入れ歯を作ってもらいました。
噛合せを何度も確認してもらい、痛みなども取り除いてもらうことをして、今では、違和感は多少あっても、入れ歯をずっと入れています。入れ歯を入れていたほうが、口の中が安定しているようにも感じています。”

入れ歯治療の解説

歯科恐怖症の部分がある方でしたので、不安がないように、ゆっくりとしたペースで治療を進めて行くことになりました。

長く入れ歯を使っていなかった場合は、噛み合わせの調整やリハビリなど、入れ歯治療の全体の時間が長くなるケースがあります。しかし、今回は、違和感がありながらも入れ歯をしっかり使っていらしたので、噛み合わせのずれが少なく、スムースに治療が進行しました。歯を削ったり、神経を取るような治療が少なかったことも幸いでした。

早速、治療用の入れ歯で調整を重ね、まずここである程度何でも食べたられるようになりました。リハビリでは「新聞を声に出して読む」「食べる時以外も入れ歯を入れて、粘膜や筋肉が調和がとれてくるようにする」といったことを積極に取り組まれたご自身の努力も欠かせません。

最終義歯には、ミラクルリングという輪っかで歯を覆う新しい技術を用い、より安定感のました入れ歯となり、大変喜んでいただけました。
これからも定期的なメンテナンスで、末永く管理させていただきます。

快適な使用感のミラクルデンチャーはこちら>>

治療前

ミラクルデンチャー治療症例

"ミラクルデンチャー治療症例

治療後

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルフィット5 右下76 左下467

製作したミラクルフィット

ミラクルフィット

ミラクルフィット

入れ歯無料相談

トップへ戻る