「耐久性のある見た目の良い入れ歯になりました」(50代 男性)|女性向けの入れ歯(義歯)の治療・相談|埼玉県さいたま市浦和よしはら歯科

新型コロナウィルス対策について

女性に支持される4つの理由

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-16-7

お問い合わせ・ご相談

048-885-4180

「耐久性のある見た目の良い入れ歯になりました」(50代 男性)

No.98「耐久性のある見た目の良い入れ歯になりました」(50代 男性)

患者様アンケート(抜粋)

患者様アンケート

<当院に来院されたきっかけ>
15年位前に初めて来院した時に先生の対応が親切だったのがきっかけで以前は近所に住んでいて引っ越した後も利用させていただいています。

<治療の前まで不安だった、困っていたことは?>
以前の入れ歯が度々割れてしまっていたので新しい入れ歯もそうならないか不安があった。(耐久性について)

<治療後の感想など>
新しい入れ歯にしてから日はまだ浅いですが、以前の入れ歯よりも強度があるので食事の時に安心感がある。

入れ歯治療の解説

こちらの方は、従前よりノンクラスプデンチャー(金属のフック等がない審美義歯)を使用しておりました。数年使用しているうちに、ピンク色の床の部分にひびが入り、何度か修復しながら使っておられました。しかし、比較的咬合力が強いため幾度と修復しても思うようなところまでは改善できず、今回強度の強い、金属を使用したミラクルフィットⅤにバージョンアップして新製することになりました。

入れ歯の修理の場合は軽微なものは、そのままご来院時に治すことが可能なのですが、本格的な修理となると専門の技工所に出すため、しばらくお預りする必要があります。このようなことを想定すると、耐久性のある義歯(入れ歯)にすることや、治療用義歯(リハビリ用)等、もう一つの入れ歯を用意しておくことも重要となってきます。

今回は、男性の咬合力を考慮した耐久性のある仕様にすることと、奥歯の固定装置としてミラクルアルファという、既存の歯に輪をかける形状を採用し、全体の安定感を確実になることを重視しています。

また、ご自身の歯自体は無くても、歯の根の部分(残根)があるところも最大限活用して入れ歯の安定に貢献できるようにしました。
一般的に、入れ歯の設計や今後のリスクを考慮して抜いた方が良いと判断することもあると思いますが、ミラクルデンチャーの場合は、できるだけ残すようにしています。
万が一歯周病の悪化等により、抜かざるをえない場合は、後から抜いても、入れ歯自体はそれに合わせて柔軟に修理できるのが、ミラクルデンチャーの特徴です。
「あやふやな歯はまず残す」これを可能にするのは、正確な診断、適切なシミュレーション、ミラクルデンチャーの特性がマッチして初めて実現できるものと考えています。

現在は、食事も安心してできると喜んで頂いております。

耐久性の強い入れ歯、ミラクルデンチャーページはこちら>>

▼ミラクルデンチャー装着前

ミラクルデンチャー装着前

▼ミラクルデンチャー装着後

ミラクルデンチャー装着後

▼ミラクルデンチャー装着前

ミラクルデンチャー装着前

▼ミラクルデンチャー装着後

ミラクルデンチャー装着後

▼ミラクルデンチャー装着前

ミラクルデンチャー装着前

▼ミラクルデンチャー装着後

ミラクルデンチャー装着後

製作したミラクルデンチャー

右上7321 左上123467 ミラクルフィット

製作したミラクルデンチャー

製作したミラクルデンチャー

治療の概要

年齢・性別 50代 男性
治療費用 上顎 右上7321 左上123467 ミラクルフィット 約60万円(税込)
治療期間 3ヵ月 8回​
想定されるリスク ごく稀に金属アレルギーを発症する可能性があります

入れ歯無料相談

トップへ戻る