「将来も見越して良い入れ歯ができました」(60代 女性)|女性向けの入れ歯(義歯)の治療・相談|埼玉県さいたま市浦和よしはら歯科

新型コロナウィルス対策について

女性に支持される4つの理由

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-16-7

お問い合わせ・ご相談

048-885-4180

「将来も見越して良い入れ歯ができました」(60代 女性)

No.84「将来も見越して良い入れ歯ができました」(60代 女性)

患者さまアンケート

▼患者さまのアンケートです。クリックすると拡大します。

入れ歯治療アンケート

<当院に来院されたきっかけ>

今まで通っていた歯科は、先生がご高齢になってきて新しく義歯を作るには技術的に難しいかなと思いましたので、こちらにうかがいました。ホームページや事前相談が参考になりました。

<治療の前まで不安だった、困っていたことは?>

左側の欠けた部分だけの義歯にするか、今の形のものにするか迷いました。こんなに上手に作っていただけるなら、左側だけでもかなり良い状態のものができたのかなと思いました。が、今の形の方が歯全体を考えると負担が少なく長い目で見れば良かったのかなと考えています。

<治療後の感想など>

義歯がフィットして安定しており、食べ物が入り込むこともほとんどないので気持ち良く使えています。ありがとうございました。

入れ歯治療の解説

こちらの方は、女性の入れ歯専門サイトをご覧頂き、お昼休みの無料相談にお越しになりました。数ある歯科医院の中で、入れ歯の症例が多く、話がゆっくり出来そうなところを選ばれたそうです。

ご来院時のご希望は、左下の奥歯の欠損部(歯が抜けている場所)の修復でした。奥歯は、噛み合わせる時に重要な役割を果たし、大きな力がかかる大事な部位です。一番奥の歯がありませんでしたので、両側の歯で支えるブリッジ治療はできず、インプラントか入れ歯が考えられ、患者さんのご要望をお聞きしながら、一緒に治療計画を立て、今回はミラクルデンチャーを採用しました。

通常は片側のみ、2本の欠損の場合は小さい片側だけの入れ歯にするケースが多いです。今回は精密診断をした結果、反対側(左側)の歯が丈夫な状態ではなかったため、将来の変化を見通し、より安定し、痛みも出にくい両側にまたがる設計となりました。

入れ歯と自分の歯では、どうしても自分の歯の方が噛みやすく、自分の歯根膜から刺激が伝わる歯で噛もうとするものです。そうすると反対側により大きな負荷がかることになります。そこで、話し合いの結果、より安定する両側性にしました。

ミラクルデンチャーは、製作前にお口全体の状態をよく調べ、今だけ良いものではなく、将来の見通しを加味して、複数のプランの中から選ぶようにしています。入れ歯を作ることをゴールにせず、その方が生活中で快適に使用し、お口の変化に合わせて定期健診や調整、修理を通して永く使って頂けるように設計をしています。

そこには、耐久性重視、見た目重視、機能性重視、清掃性重視など、その方によって、ご希望は様々だと思います。長く女性の入れ歯の治療に携わっていると、治療前にじっくりと相談の時間を取らせて頂くことがいかに大切かと気づかされます。治療に行くかいかないかで迷われる前に、相談だけでもできる仕組みがあれば、困っている方のお力になれるのではないかと考えております。

全ての方のご期待にはそえないかと思いますが、11組でも相談して良かったと言ってもらえれば嬉しく思います。

安定して快適な咀嚼が可能なミラクルデンチャーはこちら>>

治療前

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

治療後

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

左下 67 ミラクルフィット5

作製したミラクルフィット

ミラクルフィット

治療の概要

治療費用 495,000円(税別) ミラクルフィット5:左下67
治療期間 2.5ヵ月
想定されるリスク ごく稀に金属アレルギーを発症する可能性があります

入れ歯無料相談

トップへ戻る