ミラクルデンチャー症例78 (60代 女性)|女性向けの入れ歯(義歯)の治療・相談|埼玉県さいたま市浦和よしはら歯科

新型コロナウィルス対策について

女性に支持される4つの理由

埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-16-7

お問い合わせ・ご相談

048-885-4180

ミラクルデンチャー症例78 (60代 女性)

当院で実施した入れ歯症例 女性 60代

治療前

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

治療後

ミラクルデンチャー治療症例

ミラクルデンチャー治療症例

左下 12567 右下 7651 フィット5

作製したミラクルフィット

ミラクルフィット

治療の概要

治療費用 540,000円
治療期間 約3ヵ月
想定されるリスク ごく稀に金属アレルギーを発症する可能性があります

入れ歯治療の解説

こちらの方は、よしはら歯科クリニックの入れ歯無料相談にご予約頂き、遠方からお越しになられました。

上下とも奥歯が喪失しおり、噛み合うことができない状態でした。奥歯が噛み合わないことにより、食事も制限され、ご苦労も多かったようです。
奥歯ないことで前歯の上と下が強く当たり、上の歯が押し出されるような形となり、少しずつ出っ歯の状態となり、最終的に前歯も壊れてしまうところでした。
大臼歯を失うことは、家の大黒柱を失うと動揺で、建物が傾くようになると同様の現象です。

実際に、上の前歯に大きな負担がかかっており、残せるかどうかぎりぎりのところでした。
今回、奥歯を支える義歯で噛み合わせ全体を再構築することで、前歯を抜かずに残すことができました。
また、万が一前歯に不具合が起きた時は、この義歯を修理して長く使用することが可能な設計になっています。

下の歯の左右2本ずつ残っていますが、状態が左右で異なっています。右の2本が弱いため、左だけも支えられるように形状を変えています。

金属はコバルトクロムを使用しています。コバルトクロムという素材は近年、歯科では再注目されています。コバルトクロムは生体親和性に優れており、欧米では金などの貴金属と同じよう使用されることがあります。白金加金のような適度のしなり、弾性があり、耐久性も高いものです。最近の研究では細菌を寄せ付けない効果も注目されています。
難点は、鋳造(製作)が難しいことで、優れた技術の技工所でしか扱わないことでしょう。

当院では、義歯の症例が多く、義歯の技工所は一点一点院長が精査をして、高い品質の技工物だけを選りすぐって使用しています。

違和感なくしっかりフィットするミラクルデンチャーはこちら>>

入れ歯無料相談

トップへ戻る