女性専門、入れ歯(義歯)の治療・相談・ミラクルデンチャー|さいたま市浦和区
rss

Miracle Denture

歯科医師がうなる吸着、自分の歯を護る
[ミラクルデンチャー]


抜かない、削らない、痛くない。
これはよしはら歯科クリニックの3つの柱です。

カウンセリング歯がなくなってしまうと、入れ歯、ブリッジ、インプラント、この3つの治療の中から1つ選らばねばなりません(前歯の治療は他の方法もあります)。この3つの治療方法で一番敬遠されてしまうのが入れ歯です。
治療にはそれぞれ利点・欠点があり、入れ歯の利点はなんといっても歯を削らない事です。そして最大の欠点は、周りの歯を悪くする所です。

入れ歯は歯に針金を掛けて落ちない様にします。この針金が、歯にとって実はとても悪いのです。

針金の掛かった歯には、必要以上の力が掛かり負担が大きくなります。その為数年かけて歯を悪くしてしまいます。『入れ歯を入れてからだんだん歯が無くなり、入れ歯が大きくなった』という経験をされた方も多いと思います。

しかしミラクルデンチャーは違うのです。

通常入れ歯は、木の先端付近に紐を付け下から引っ張って様な力が掛かり、噛めば噛むほど針金が歯を揺すってしまいますので次第に歯がぐらぐらしてしまいます。
しかしミラクルデンチャーは、木を支える様に包みこむのでできるだけ揺らさない設計になっています。

ですから、ミラクルデンチャーは歯を揺らしません。ミラクルデンチャーは歯に支えられ、歯はミラクルデンチャーに支えられる。と言うことです。

ミラクルデンチャーは歯に悪い力を掛けないので、あらゆるケースでの対応が可能であり、一本だけ歯が残っていれば安定した噛める入れ歯が可能となりました。
かなり揺れている歯もミラクルデンチャーが支えてくれます。よって、なるべく抜かない治療が可能となります。
良く噛めて快適な入れ歯。
我々もこの様な入れ歯あればと思っていました。

よく『木を見て森を見ず』と言いますが、『木を見て森も見る』治療がミラクルデンチャーなのです。

ミラクルデンチャーとは


ミラクルフィット
特許登録済み
第3928102号・第4270576号・第4270578号
「入れ歯とわからない、そして良く噛める」と、
当院で多くの実績と高い満足度

ミラクルデンチャーは、大阪の中川瑛雄先生が考案された入れ歯で、その素晴らしさに全国で入れ歯を研究する歯科医師が集まり日々進化し続けている入れ歯です。

こんな方に・・・

  • 現在使っている義歯で味わえなくて困っている方
  • 現在の義歯をはめるのが辛く、どうしても違和感を持っている方
  • 義歯を入れると痛みがあり、喋りにくい方
  • 何回も義歯を作るが、満足できない方
  • 義歯に不満があり、かつインプラントが不可能な方

特徴

  • 上顎は口蓋(大きな床の部分)が抜けており食べ物本来の味わいを取り戻す事が可能。
  • 今まで、1本の欠損から多数の欠損の部分入れ歯で不適応がない。
    従来の義歯と比べて、多くものがほぼ何でも噛めるにようになる。
  • 義歯を装着しても(重たい金属床であっても)自分の歯の様に錯覚するぐらい軽い。
  • 1本の歯さえあれば可能で、しかも上の義歯では口蓋部(喉を覆っている所)を取り除くことが可能。
  • はめている時にはまってないと思い、はめてない時にはまっていると錯覚する方もいる。
  • 維持装置(ミラクルタッチ)は、前歯部でも、目立ちにくく、従来の義歯と異なり審美的に良くなり義歯であると人からはわかりにくい。
  • 義歯が初めての人でも、抵抗なく義歯を入れる事が可能。
  • 顔の表情が良くなった患者さんも多い。
    (口元の緊張が緩み、また口元を気にしなくなるので自然な顔立ちになる事があります)
  • 義歯の床の下に不思議なほど食べものが入りにくい。
    (義歯が小さくなり、口蓋が抜けているので、舌房も広くなり喋り易くなる)

ミラクルデンチャーと他の入れ歯との比較


従来のプラスチック床
従来のプラスチック床(レジン床)
ミラクルデンチャー
ミラクルデンチャーは、顎を覆う量が少なく軽くて、味わいもかわります。
従来の金属のバネ
従来の入れ歯は、金属のバネがはっきりと見えます。
ミラクルデンチャー
ミラクルデンチャーは金属のバネが表に現れません。入れ歯と気付かれにくいです。

ミラクルフィット


軽くて、見た目が美しい抜群のフィット感

ミラクルフィット
ミラクルフィット
ミラクルフィット
ミラクルフィット

ミラクルのノンクラスプデンチャーが軽く吸着の良い「フィット」です。
ミラクルデンチャーは部分床義歯であって金属からなるミラクルタッチという装置が介在しますが、ミラクルフィットには金属部分がありません。

そのことにより

  • 床が小さく軽い
  • ウィングと称する部分がない。
  • 24時間装着が可能なほど、違和感や歯牙に対する圧迫感が少ない
  • 残存歯を保護し、傷めにくい

などのメリットがあります。

比較的小さい部分入れ歯に適している義歯です。

ミラクルコーヌス


ミラクルデンチャーの最新技術がミラクルコーヌスです。

コーヌスとは維持装置としてクラスプ(バネ)を使わず、支える歯に2重構造でできた冠を使ったはめ込み式の入れ歯です。

支えとなる歯に二重構造の維持装置を取り付ける治療工程が加わります。これにより支えとして使用する歯に負担がかかりにくく、残っている歯に負荷を少なくする方法です。
また、針金(フック)がないので、入れ歯であることが他人にわかりにくく審美的にも優れた入れ歯です。

もともと、コーヌス入れ歯は茶葉を入れる「茶筒」に似ています。茶筒は本体を強く振ってもフタは外れませんが、フタにゆっくりとした力を加えると楽に外せるのと同じイメージです。

コーヌス義歯は熟練の技能が必要な場合が多く、取扱っている歯科医院は少ないと言われています。

ミラクルコーヌス
ミラクルコーヌス

新しい入れ歯の洗浄の常識「銀イオンコーティング」


当院では、快適入れ歯の相談、治療を数多く行っております。
しっかり噛めるようなった入れ歯を、その後も快適に使用して頂くためには定期的なチェックと日々のお手入れは欠かせません。

しかし、長く使用していると「入れ歯のニオイが気になる」「入れ歯にぬめりを感じる」といったことがあります。これは、口内で繁殖した雑菌に原因があります。
これらの解決には、やはり、こまめな洗浄やお手入れが必要です。すき間に入りこんだ目に見えない雑菌は、どんなにお手入れしてもすべてを除去することは難しいものです。

もっと手間がかからず、スッキリと快適な毎日をお過ごしいただける方法として、当院では抗菌コーティング「ピカッシュ」を導入しました。

ピカッシュの効果と特徴

①Ag+銀イオンのコーティングで強力な殺菌力を発揮

銀イオンのコーティングAg+と呼ばれる銀のプラスイオン。銀はかなり以前から義歯の素材としても用いられており、口内環境を安全かつ健康に保つためになくてはならない素材です。防腐・殺菌力に優れる銀の魅力を、より強く引き出したのが、Ag+です。
Ag+は安全性も高く、近年はさまざまな製品や食品にも用いられるほど。これをナノサイズという、顕微鏡でも見えないくらいの細かい粒子にし、入れ歯全体に塗布することで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

②1回の塗布で効果が持続

細菌培養実験もう一つの魅力は、一度塗布すると2-3カ月以上もの間、継続的な効果が期待できるということです。その効果は、第三者機関でも証明されています。市販の洗浄剤や、磨くという従来のお手入れ法だけでは落としきれなかった入れ歯ニオイやヨゴレも付きにくくなるため、水洗いなどの簡単なケアで済むというのもポイントです。安全性と持続性に優れているため、口の中に入れたままでも安心なのです。
一度の塗布で効果が持続しますから、自らお手入れが困難な要介護度の高い方など、介護現場でも重宝されているようです。